インド

インドで注意すべき病気

インドに来て一番気をつけてほしい病気が『デング熱』です。

デング熱は予防接種など有効なワクチンがいまだにありません。
なので、自分で防ぐしかありません。

デング熱は、全ての蚊から感染するのではなく、
シマシマの模様がある蚊から感染すると言われています。

感染すると、頭痛、発熱、目の奥の痛み、関節痛、筋肉痛が伴います。
中にはデング出血熱という出血を伴う症状が発症することもあります。
一度デング熱にかかったことのある人が、2回目にまたデング熱に感染すると、
デング出血熱になる可能性が高くなると言われています。

ワクチンがないので非常に怖い病気と言えます。

なので、特別な治療法もありません。
デング熱にかかっても風邪とよくにた症状なので、
市販の薬を飲んでしばらく様子をみていたけど
全く治らず病院に行くとデング熱だった。。
という話をよく聞きます。

ですが、病院に行くとデング熱に合った処置をしてくれるので、
2・3日で随分回復するそうです。

何でも怪しいな!?
と思えばすぐに病院に行くことをおススメします。

まだ朝晩はひんやり寒いのに、なぜか既に室内で蚊にかまれてるわたし。。。

日本から持参した蚊取り線香をつけようとしましたが、
ライターがない・・・

とりあえずはインド製のコンセントに差し込むタイプの蚊よけで
乗り切ろうと思います。

早く家の隙間を防がなければ!!!

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

⇒関連するインド情報①|

⇒関連するインド情報②|

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

  • インド情報 (カテゴリー)