インド

インドに赴任が決まると、予防接種を打ってから渡航します。
会社から必要最低限のものは接種するように言われます。

でも、予防接種でどうしても防げない病気があります。
それが『デング熱』です。
デング熱には予防接種はありませんし、かかってしまった後に効く薬というものもありません。
去年?2年前?に、日本でもデング熱が流行りましたよね。
あの時の代々木公園は大騒ぎでしたね!
確かに日本にいるとデング熱なんて無縁だから、騒ぐのも当然ですが、
インドから見ていると、あまりの大騒ぎっぷりに驚きました・・・
私が思うに、以前から日本でもデング熱というものが存在していたのではないかと思います。
医師もデング熱のことを知らなかったのでは?

話はずれますが、知人がインドネシア滞在中に、恐らくデング熱ではないか?という医師の診断を受け、とりあえず応急処置を受け、航空会社にも事情を話し、熱もなく比較的落ち着いているということで搭乗許可ももらい、無事に日本まで帰って来たのですが、帰国後に病院を訪れてデング熱の話をすると、医師はデング熱???というような感じだったそうです。
東南アジアやインドではデング熱は周知されていますが、確かに日本でではマイナーだし、症状も風邪かデング熱かの判断も微妙なところだし、わからなくても仕方ないかな?という感じもしますが。

さて、本題です!
デング熱は、蚊が増える9月~11月末頃までが要注意です。
家には『all out(オールアウト)』という電源プラグに差し込むタイプのリキッド式の蚊取りグッズを、24時間各部屋でフル稼働させ、併せて日本の蚊取り線香を玄関前にセットしています。
オールアウト
何やら強そうな名前!All Out!!!人体にも悪そうです・・・
インド製の蚊取り線香もありますが、殺傷能力はないそうです。
なのに、外に出る時は、気が向けば日本から持ってきた虫よけスプレーをする程度でした。。
もちろん、蚊には噛まれます。しかし、私は運よくウイルスを持った蚊にはかまれたことがないので、デング熱にはかかったことがありません。
でも、毎年必ず誰か1人は、自分の身近な人(日本人)でかかる人がいます。
その度に気をつけないといけないな!と思います。
ちなみに、インド人もかかります。当たり前ですが・・・

人によって症状は異なります。重体になる人もいれば、軽症で済む人もいます。
後から思い返せば、「もしかしたらあれはデング熱だったのかも!」と言っているような軽い人もいます。
重ければ出血を伴い、非常に危険な状態に陥ります。
とにかく、刺されないことが重要です!!
そして、デング熱には風邪薬(PLなど)や、鎮痛解熱剤(バファリンやロキソニンなど)は厳禁です!!
症状を悪化させますので、怪しい!と思ったら、病院に行くことをおすすめします。

これからインドの観光シーズンが始まります。観光で来られる皆様!デング熱には十分注意してくださいね。
バックパッカーの方が泊まるホテルはわかりませんが、世界的なチェーンホテルの客室には、オールアウトのようなリキッド式の蚊取りグッズがセットされています。
外に出る時は、虫よけスプレーを使用したり、暑いけれど、長袖、長ズボンを着用するなど、気をつけてください。
私も気をつけたいと思います!!

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

感想、質問、要望は下記コメントに残して下さい。

コメントを残す

  • インド情報 (カテゴリー)